「本態性振戦」タグの記事一覧

逆説志向と手の震えの関連性、本態性振戦にも効果が?

元々、逆説志向は精神的な病「パニック障害」や「あがり症」、「書痙」や「不眠症」等の社会不安障害を治療する為に行われています。 また、原因や状態によりますが、本態性振戦の精神的な治療にも導入される事が有ります。 &nbsp・・・

リボトリールの副作用にはどのような物が?

リボトリールは「てんかん」や「パニック障害」、「躁うつ」に処方される事が多い薬ですが、「本態性振戦」の治療にも処方される事が有る薬です。 脳の運動機能を司る神経を抑える事が出来、過敏になってしまった神経を抑える事によって・・・

プロプラノロールには、どんな副作用が報告されている?

プロプラノロールは活発化し過ぎてしまった心臓の動きを、少しだけ抑える働きが有る薬です。 ですが、副作用で心臓に後遺症が出る事は有りませんので、ご安心頂けたらと思います。   心臓の活性化と本態性振戦はなかなか結・・・

レンドルミンの危険性、本態性振戦に処方された場合

レンドルミンは本態性振戦の治療よりも、不眠症等の睡眠障害の治療に処方される事が多い薬です。 脳の神経系に働きかけ、「鈍化」した状態にする事によって、 ・細かい物を摘む時 ・何かを手に取る時 ・字を書く時 の過剰な神経を和・・・

アロチノロールを本態性振戦の治療で処方されて異変が

アロチノロールは交感神経の「アルファ受容体」「ベータ受容体」に働きかける事によって、振戦を抑える働きが期待できます。 本態性振戦の原因は、この「ベータ受容体」に大きく関係していると言われていますので、その効果が期待されて・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ