「2015年7月」の記事一覧

青色1号の安全性と発がん性等について

青色1号の安全性に関しては「JECFA(FAO/WHO合同食品添加物専門家委員会)」と言う名称の国連機関が定めている摂取量を守っているのであれば、特殊な体質の方以外は問題は有りません。 ごくごく少量であっても均一に染める・・・

緑色3号の発がん性はどれだけ危険?

緑色3号は、主にお菓子や飲料等に使用される「タール色素」です。 「ファストグリーンFCF」と記載されている場合も有りますが同じです。   発がん性に関して疑問を持たれている方や、その可能性について言及されている・・・

赤色106号の発がん性はどれ位危険?

赤色106号は「アシッドレッド」と書かれている事も有りますが、同じ意味です。 この色素も「タール色素」に分類され、発がん性が指摘されていますが、あまりに偏った情報を発信している場合は、その情報元にどのような意図が有り、ど・・・

赤色105号の危険性は?原料について

赤色105号は遺伝子に影響が出てしまう可能性が有るとして危険性が指摘されて来ていましたが、日本国内の度重なる検査の上で、現在では安全だと判断され使用されています。 ですが、食品に使用する場合の使用量に関しては厳しく定めら・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ