「2015年6月」の記事一覧

赤色104号の原料から見た着色料

赤色104号と言う名称ですが、食紅のように「赤」くすると言うよりは「桜」色にする目的で使用される事が多いです。 もちろん、大量に使用すれば「ショッキングピンク」位のハッキリとした色合いを出す事も可能です。   ・・・

赤色102号の食品への安全性と真実は?

赤色102号は、スーパー等で「食紅」として販売されているタール系色素です。 比較的安価なジャムやキャンディー、お菓子全般から清涼飲料水、身近な食品で言うと、食品紅しょうがや福神漬け、食肉加工品やたらこの発色を良くする為に・・・

赤色40号の危険性はどれ位?誰を信じるか

赤色40号は、日本では1991年まで輸入が禁止されていた「タール系色素」の合成着色料で、比較的安価な駄菓子や清涼飲料水等に使用される事が多いです。 前回の赤色2号についての記事でも説明させて頂きましたが、現在では「タール・・・

赤色2号の発がん性はどれ位?本当の危険性

赤色2号は「アマランス」と呼ばれる合成着色料です。 時々、混同してしまって無闇に恐怖を煽る方も居られますが、「工業用赤色2号」と「食用赤色2号」は全く違います。   工業用は「1−ナフチルアミンー4ースルホン酸・・・

ソルビン酸カリウムの危険性が心配な場合は?

ソルビン酸カリウムは、かまぼこやはんぺん、食肉加工品(ハム・ソーセージ)やワイン等、非常に身近な食品に含まれています。 食品の保存に大敵な「微生物」「カビ」の繁殖を防ぎ、長期間に渡る保存を可能にしています。  ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ