「2014年10月」の記事一覧

振戦と悪寒が出た場合は何を疑うべき?

高熱と共に振戦のような震えと悪寒が感じられる場合、放置してしまうと脳に障害が出てしまうので迅速な対応が重要になって来ます。 特に体温が40℃近くか以上になると危険ですね。 悪寒による振戦は「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」と・・・

振戦が起こると甲状腺機能亢進症の疑いが有る?

甲状腺機能亢進症は「バセドウ病」とも呼ばれていて、甲状腺ホルモンが過剰に生成してしまっている事が大きな原因と言われている病気です。 一般的な振戦よりも細かな震えが特徴の一つです。   ● 通常とは異なる汗 ● ・・・

一般的な振戦と企画振戦はどのように異なるのか

「意図振戦」あるいは「小脳性振戦」とも呼ばれていて、何か意識して行動や動作を行おうとしたり、その行動や動作を終えた時に起きる振戦の事です。 普段なら振戦は起きないのですが、目的があって何かの作業や運動を行う時に震えてしま・・・

振戦とクローヌスの違いとは?

クローヌスは主に膝や足に見られる症状で、膝クローヌスは膝蓋腱反射(しつがいけんはんしゃ)、足クローヌスはアキレス腱反射の亢進(こうしん)によって引き起こされる症状です。 症状としては、急激に筋肉の収縮と弛緩が交互に規則的・・・

振戦せん妄について、依存症状だけではありません

振戦せん妄は原因や解決策が明確に分かっていない「本態性振戦」や「振戦」と勘違いされてしまう時が有りますが、アルコールや薬物等が切れてしまった状態によって起きると言う原因が明確な点が大きく異なります。 依存症を克服する為に・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ