黒にんにくのデメリットについて

<スポンサーリンク>

物事には何につけても多かれ少なかれ、メリットとデメリットというものがついてまわります。

この2つは別々のものである場合もありますし、同じものながら少なすぎるとメリットになり多すぎるとデメリットになるといった場合もあります。

 

これは物事についてだけではなく、食べ物のような身近なものにも言えることです。

 

にんにくの効能について

たとえば、にんにくを例にして考えてみましょう。にんにくと言えば、食べると元気がでると言われています。

糖質の分解を促すアリシンを多く含み、疲労回復や体力増強に効果があるため、栄養ドリンクや健康補助食品(サプリメント)などにも多く使われています。

 

その他にも強い殺菌効果があること、ガン予防や便秘の解消、体質改善などにも効果があると言われています。

上記をメリットとするとして、次はデメリットを見てみましょう。

 

にんにくのデメリットについて

もっとも有名なのは、ニオイがキツイことでしょう。

特に女性は明日は会社が休みであるという日ぐらいでないと、なかなか食べる勇気がでてきませんね。

その他、あまりにも多く摂り過ぎたりした場合、赤血球を破壊してしまうために、血尿や血便などになることがあります。

 

また、刺激が強すぎるために、体が弱っていたりすると、胃壁などを痛めることにもなります。

これらはデメリットというよりは、食べ過ぎた時や体調が悪かった時に、まれに見られる症状と言った方がよいのかもしれません。

 

しかし、にんにくの効果を考えると、少々のリスクを背負っても食べる方を選択したいという人もきっと多いことでしょう。

そしてそれを可能にしてくれたのが、黒にんにくです。

 

黒にんにくのメリットについて

黒にんにくは、生のにんにくを長時間かけてゆっくりと発酵・熟成させたものです。

 

黒にんにくと生にんにくの違いでもっとも大きいのは、ニオイの有無だといわれるぐらい、黒にんにくではにんにく独特のあのニオイがほとんど感じられないのです。

これならいつでも、女性でも、気にせずに飲むことができますね。

 

また、発酵・熟成させているということは、成分が凝縮されて効果が何倍にもなっているというのも事実ですが、言い方を変えると、発酵・熟成されているのでまるでトゲのように尖っていた部分が丸くなったとも言えるのです。

 

強すぎたものがマイルドになったといった感じです。

そのような黒にんにくがサプリメントになった商品は、オススメなのです。

 

小林製薬【厳寒行者にんにく】

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ