黒にんにくが貧血に効く?関連性について

<スポンサーリンク>

中学・高校時代には朝礼などで長時間立ったままでいると、いきなり倒れてしまう女子がいました。

 

男子生徒から守ってあげたいと思われたくて、わざと倒れる人がいたほど、ちょっとか弱い女子というのは、昔から人気があったようです。このような症状を貧血と呼び、「血が足りないからだ・・・」などと、よく言ったものです。

 

貧血は何故起きてしまう?

貧血とは、血液中の赤血球やヘモグロビンが減少して、全身に酸素を運ぶことができなくなってしまう状態を言います。

体に酸素がきちんと行き渡らなくなると、筋肉や臓器が酸素欠乏症の状態に陥り、疲労や息ぎれなどを起こすことになります。

 

朝礼などで急に倒れるのも、筋肉が酸素欠乏状態に陥り、体が自由に動かなくなり、呼吸もしづらくなって起こるものと言えます。

 

また、貧血になれば爪が薄くなって割れやすくなったり、反ってしまったりすることもあります。

人によっては、口角に炎症が起きたり、髪の毛が抜けやすくなってしまったと言う方も多いですね。

 

貧血の本当の原因

そんな貧血の原因の大半は、鉄欠乏性貧血と呼ばれるものです。

血液中で赤血球が作られる時には、ヘモグロビンの主成分である鉄分が使われます。

 

しかし、食べ物から摂取する鉄分が不足していると、赤血球が充分にできずに、ヘモグロビンの量も減ってしまいます。

 

貧血を解消するほど多くの鉄分を食事だけで補充できるかというと、実際のところは少し無理があります。

鉄分を多く含む、レバーやほうれん草を驚くほど毎日食べられれば良いのですが、そういうわけにもいきませんね。

そこでオススメしたいのが、黒にんにくなのです。

 

黒にんにくが貧血にも効果が有るのは本当?

実際に、黒にんにくの中には、レバーやほうれん草のように鉄分が驚くほど豊富であるというわけではありませんが、鉄分を生成しやすい、また吸収しやすい状態に作り変えてくれる性質が有ります。

 

黒にんにくは生のにんにくを長い時間をかけて、ゆっくりと発酵・熟成をしたもので、いろんな効果も生にんにくの数倍とあると言われています。

たとえば、抗酸化力は生にんにくの約10倍以上、活性力も約10倍以上もあります。

 

ですから、黒にんにくならば通常のにんにくよりも少しの量でも、貧血体質の改善につなげることができるのです。

特に女性は貧血になりやすい状況にありますので、気になるようならば黒にんにくを食べるようにしてみるのも有効的です。

 

デメリットが心配な場合は、「黒にんにくのデメリットについて」を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬【厳寒行者にんにく】

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ