半日断食は高血圧の改善や予防に効果的?【危険】

<スポンサーリンク>

今後の私達人間の「課題」と言っても良さそうなのは、一昔前には一般的に「贅沢病」と呼ばれていた

「高血圧」「動脈硬化」「痛風」「糖尿病」等の成人病の改善や予防ですね。

 

また、いつの時代や年齢、性別を問わず注目されているのが「ダイエット」に関してだと思います。

いつ本屋をのぞいたとしても、生活習慣病やダイエットに関する本は大きくコーナーを取って配置されています。

 

しかし、その本の中身はコロコロとよく変わったり、真逆の事を言っているのも事実ですね。

新しい方法が出ては消え、消えては出てくるというのが現実なのです。

 

そこで今、比較的人気があるダイエット方法は断食や半日断食です。

 

半日断食の魅力について

これは読んで字のごとく、1日、または半日は、何も食べないで断食をすることで体重を落としていこうという健康法です。

特に半日断食は、1日のうちで1食、それも朝食だけを抜けば良いという手軽さが受けて、大きな人気を呼んでいます。

 

人間は食べたものがほぼ完全に消化されるのには、約18時間かかるとされています。

したがって、前日の夕食を6時に食べ終えた場合、翌日の昼12時まで何も食べないことで、胃腸を休ませてあげることができ、その間に体はより健康になろうと努力してくれるのです。

 

これぐらいならば、誰でも簡単にできそうですね。

しかし、そんな手軽な半日断食もあまり効果が期待できない人もいるのです。

 

それは高血圧症を患っている人です。

 

高血圧で悩む人は、「半日断食」自体に疑問?

高血圧の人はあまり塩分を取らないように献立を考えたり、塩分と同様に水分の摂取もあまり多くはありません。

しかし、18時間も何もものを食べないことや、水分を充分に補給するなど、高血圧だけを考えるとあまりよいことではないのです。

 

場合によっては、急に血圧の上昇を見ることになりかねないかもしれません。

半日断食ダイエットと高血圧とは、あまり相性が良いとは言えないようです。

 

そこで高血圧の人に半日ダイエットに変わってオススメしたいのが黒にんにくです。

 

高血圧に黒にんにくが有効的な理由

黒にんにくは、体調を整えたり、老廃物の排出を助けることなどから、痩せやすい体になると言われています。

 

そのダイエット効果にプラスして、血圧を下げる働きもあるのです。

半日断食ほど、すぐに効果が出ることは期待できませんが、黒にんにくならば健康的で安全性にも優れています。

 

また、サプリメントとしていつでもどこでも気軽に摂ることができるのも嬉しいですね。

もし、不安なようでしたら、「黒にんにくのデメリットについて」を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬【厳寒行者にんにく】

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ