赤色102号の食品への安全性と真実は?

<スポンサーリンク>

赤色102号は、スーパー等で「食紅」として販売されているタール系色素です。

比較的安価なジャムやキャンディー、お菓子全般から清涼飲料水、身近な食品で言うと、食品紅しょうがや福神漬け、食肉加工品やたらこの発色を良くする為に使用しています。

 

赤色102号の発がん性と実際

発がん性が高いと心配されていますが、「疑いが有る」と言う程度に留まっています。

個人的な考えでは、赤色102号で着色された食品のみを毎日大量に摂取してしまった場合、肥満や高血圧、糖尿病の発症率の方が心配です。

 

赤色102号が使用されている食品や飲料を調べて頂くと分かりやすいのですが、お菓子や食肉加工品等が中心です。

もし気になるようでしたら、そういった食品を日頃から摂取しないようにするのが一番効果的です。

 

スーパー等で買い物をしてみると分かるのですが、比較的低価格帯の食品に多く使用されていて、やや高価な同種類の食品とは明らかに違います。

 

食品の安全性について再確認したい事

私も、仕事柄インターネットをよく閲覧しますし、食品添加物や健康食品に関する本とかもよく読みます。

その度に思う事は、「不安を煽り過ぎでは無いのかな?」と言う内容の情報も多いと言う事です。

 

確かに、赤色102号はいくら安全性が高い方とは言え、そのものズバリを大量に摂る事は身体に良い訳が有りません。

また、食品添加物の調査には「ラット」が利用される事が多いです。

 

私達はラット程ライフサイクルは短く有りませんし、より強力な「腎臓」「肝臓」が存在します

ちなみに、発がん性よりも心配されているのは、「アレルギー」と「蕁麻疹」でに関してす。

 

食品に赤色102号が使用される目的

単純明快な理由ですが、その方が「売れる」からです。

最近でこそ、野菜や肉加工食品の本来の形や色が理解されつつありますが、なかなか定着出来ずにいます。

 

肉は加工なり真空パック等をすると、どうしても「ミオグロビン」等が変色してしまい、くすんだ色になってしまいがちです。

これは、無添加や無着色等のこだわった作り方をした食品をみれば分かりやすいのですが、決して鮮やかな色には見えません。

 

キャンディーやお菓子に関してもそうですが、赤色102号と同じ位の鮮やかさと出すには、それなりの「コスト」が必要になります。

実際の所、赤色102号を食品に使用する目的は、安くて売れるからと言う理由以外には存在しません。

 

また、それらの食品は絶対に取らなければならないと言う事も有りませんので、変な色の食品は、安全性等が気になるようでしたら、摂らないに越した事は無いと思います。

 

もし宜しければ、「赤色40号の危険性はどれ位?誰を信じるか」の記事も参考にしてみて下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ