レンネットは添加物として有害?今後の問題点

<スポンサーリンク>

レンネットには、「凝乳」効果が期待出来ますので、古くから「チーズ」を作る場合に使用される事が多い添加物の一種で、「食品製造」「食品加工」の際にも使用される事が有ります。

最近は、自宅でチーズを作られる方も増えて来ており、「キモシン」「レンニン」と記載されていて迷ってしまう場合が有るかも知れませんが、同じですので、ご安心して使用して頂ける筈です。

 

天然の「レンネット」を添加物として使用する場合は、現在の所、健康上の問題は指摘されて居ません。

「レンネット」自体を大量に摂取される方は居られませんので、チーズを大量摂取した場合は、肥満等に注意していれば問題は無いと思います。

 

ただ、授乳中に関しては、母乳の質が悪くなると言われていますので、医師や担当の方に相談した上で摂取するようにして下さい。

 

添加物としてのレンネット

もし、チーズ作り自体が初めてと言う方は、「説明書」が付属していて、「添加物」が配合されていないレンネットを購入した方が良いです。

これは、詳細な調査結果が存在する訳では有りませんので、購入される方の価値観に左右されてしまいますが、「菌類」から培養したレンネットでは無く、「反すう動物」から抽出した添加物を使用した方が良いと言う意見も有ります。

 

また、今後は「遺伝子組み換え」のレンネットも一般化されるかも知れないと言われていますので、気になる方は、商品詳細等をしっかりと確認した上で購入する必要が出て来ると言われています。

 

レンネットはどのようにして製造されるのか

「反すう動物」の「第四胃」から抽出して加工するか、「酵母菌」「糸状菌」「担子菌」「細菌」から抽出して加工した成分です。

「第四胃」から抽出する場合は、「レンネット」内に存在する「キモシン」と呼ばれる「凝乳効果」が有る酵素を抽出する事が目的です。

 

レンネットが抽出出来る「反すう動物」とは、「牛」「羊」「山羊」「ラクダ」等の動物です。

「第四胃」と呼ばれるのは、「反すう動物」に存在する4種類の胃の4番目の胃の事を意味します。

 

レンネットに使用されるのは、「子」時期の母乳を消化吸収し易い用にする「凝乳酵素」が含まれている状態が使用されます。

正確なチーズの発祥等に関する記述は今の所分かりませんが、長い旅路の中で、「羊の胃袋」を加工した袋状の物に「山羊の母乳」を入れていた事がチーズの始まりとされています。

 

「添加物」と言うと過剰に反応してしまう方も居られますが、現在のチーズは、結果的にレンネットと言う「添加物」が無いと、今のような状態として存在しなかったかも知れないとも考えられると思います。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ