ブチルヒドロキシアニソールの危険性と事実

<スポンサーリンク>

ブチルヒドロキシアニソールは「BHA」と記載されている時も有りますが同じです。

酸化防止剤として利用されていて、食品添加物以外には化粧品にも利用されています。

 

加熱調理必須の魚介類冷凍食品から、魚介乾物か塩蔵食品、バター等の油脂類に使用される事が殆どです。

生食可能な冷凍魚介類にブチルヒドロキシアニソールが使用される事は有りませんが、非加熱だと危険性が有ると言う訳では有りません。

 

ブチルヒドロキシアニソールの危険性について

日本国内での話ですが、過去にブチルヒドロキシアニソールの発がん性の指摘され、危険性が懸念された過去が有ります。

ですが、詳しく調べてみると、ラットへの投与であり、更に数万倍以上と言う量がラットに投与された結果です。

 

ブチルヒドロキシアニソールに関わらず、危険性が指摘されている殆どは、このように常識の範囲を逸脱しています。

過剰に反応してしまうのは賢い選択とは言えず、私達が毎日当たり前のように摂取している味噌汁やパンの方が発がん性の危険性が高い位です。

 

少年犯罪とブチルヒドロキシアニソール

冷凍食品の酸化防止剤として利用されている事から、犯罪や非行を起こす危険性が有ると言う方も居られます。

常識の有る方なら理解出来る筈ですが、少年犯罪を起こしてしまう方の大半は、親がお子様と正しいスキンシップが取れない状況である場合が多いです。

 

時代の流れ的にある程度は仕方が無い事かも知れませんが、共働きや何らかの状況が重なる事によってお父様やお母様しか居られない環境でしたら、お子様はどうしても冷凍食品の比率が多くなってしまいます。

ブチルヒドロキシアニソールが含まれている食品は大量調理で製造される事が多いので、どうしても栄養バランスが取れませんし、凄く健康意識が高い人で無い限りバランス良く食事する事がむず開始と思います。

 

実際、成人していても理想的な食事バランスを維持している人は稀です。

当サイト管理人からのお願いは、冷凍食品ばかり食べているから非行に走ると言う妙な偏見を持つ事はお願いですから止めてあげて下さい。

 

また、ブチルヒドロキシアニソールが危険だけれど海外からの圧力によって仕方無く輸入していると言う勘違いも危険ですし、その商品を販売している食品会社や関係している全ての人が困ります。

ブチルヒドロキシアニソール自体には危険性は有りませんし、もしも気になるようでしたら、摂取しないようにする事は簡単です。

 

もし宜しければ、「亜硫酸ナトリウムが食品添加物に使用される危険性」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ