チアベンダゾールと食品添加物の疑問点

<スポンサーリンク>

チアベンダゾールは食品添加物に使用される場合、「防腐剤」として使用され、「農薬」としても使用されています。

また、「内服用駆虫薬」や動物用「寄生虫駆除剤」にも利用されていますので、チアベンダゾールがいかに強力な物なのかが想像出来ると思います。

 

食品添加物として使用される場合

チアベンダゾールは、海外から輸入された柑橘類やバナナの表面を現地で収穫した後から日本に輸入されるまでの間、カビや細菌等から食品を守る目的で使用されています。

長期間の輸送中であっても、カビや細菌の増殖を防ぐ事が出来ますので、それだけ防腐効果は強力でなければなりません。

 

「ポストハーベスト問題」として注目されている食品添加物の一つが、チアベンダゾールです。

 

チアベンダゾールが食品添加物として認められた背景

収穫後に農薬を使用する「ポストハーベスト」は、日本では認められておらず、輸入される場合のみ認められています。

そのままでは日本で販売する事は出来ませんので、チアベンダゾールを「食品添加物」として認めています。

 

柑橘類やバナナの表面に使用していますので、皮を使用する事が無ければ健康上問題は無いと言う意見と、表面から可食部分に浸透しているので、長期的に考えると危険だと言う意見に分かれています。

一般的な食品添加物であれば、元々無害な物や老廃物と共に体外に排出されて無害化する物が大半ですのでそこまで心配は必要では有りませんが、チアベンダゾールのような「農薬」は、身体に蓄積してしまいがちです。

 

更に、危険視されている要因の一つは、「遺伝子への影響」で、様々な状況が重なってしまった場合、赤ちゃんに何らかの影響が出てしまう可能性が少なからず有ると言う事です。

 

チアベンダゾールが心配な場合

国産の柑橘類等には使用されていませんので、輸入品を購入しないようにするだけで大幅に摂取してしまう可能性を下げる事が可能です。

最近では「コスト削減」の為に出来るだけ輸入食品を使用する流れが出来てしまっていますので、気になるようでしたら、そう言った料理が使用されている可能性が有るお店から購入しないようにしたり、利用しないようにする方が良いと思います。

 

今は安く抑える事が可能であっても、将来的に何らかの身体のトラブルが起きてしまい、高い治療代を支払う位でしたら、今の内から将来に投資する気持ちで毎日の食事を意識した方が良い時代になりつつあると言う事かも知れません。

もし宜しければ、「オルトフェニルフェノールの毒性と注意点」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ