アスパルテームの安全性は低く危険?冷静に考えて!

<スポンサーリンク>

アスパルテームの安全性についての議論は、ある意味今後も無くなる事は無いと思います。

間違えなく言える事は、常識の範囲内で摂取するのであれば毎日摂取したとしても問題は無いと言う事です。

 

確かに天然由来の甘味料である上白糖と比較して200分の1の量で済む事や、コストや安全性等を考えると、利益を出さなければ従業員が生活出来なくなる一般的な企業は、原材料に取り入れるのもある意味当たり前だとも考えられます。

ここで理解して頂きたいのは、アスパルテームの安全性は牛乳やコーヒー、天然の魚介類やナッツ類よりは断然発がん性が低く安全性も高いと言う事です。

 

もちろん、当サイト管理人もアスパルテームを高い頻度で摂取しろと言っている訳では有りません。

気になるようでしたら、成分表示を確認して購入する事は可能ですし、肥満や糖尿病の元となる清涼飲料水や安価なお菓子等の購入量を減らせば良いだけの話ですので簡単だと思います。

 

個人的には、アスパルテームの安全性や発がん性を心配するよりは、摂取する場合によっては通常の甘味料よりも「太りやすい体質」になる可能性が高い事の方が心配です。

理由には2種類有るとされていて、①「甘い物を摂取していても身体は太らないと誤認するのでは無いか?」②「身体は糖分を摂取していると誤解しているので、実際には糖分は不足してしまっている状態になり、通常よりも糖分を吸収し易い体質になる」と言われています。

ですが、カロリーゼロ系の食品よりは低いと思います。

 

そもそも、アスパルテームって何?

やや強引な説明をさせて頂きますと、「フェニルアラニン」と呼ばれる「必須アミノ酸」と、「アスパラギン酸」と呼ばれる「うまみ成分」と呼ばれる「非必須アミノ酸」を合成するとアスパルテームが出来ます。

この2種類の安全性が高い成分から生成されます。

 

ご存知かとは思いますが、「必須アミノ酸」は、私達の体内に必要不可欠です。

どうやっても体内で合成する事が出来ないアミノ酸で、不足した状態がある期間以上続いてしまうと、身体を維持して行く上で問題が出て来てしまいます。

 

ちなみに、アスパルテームはアミノ酸から出来てしまうので、単体で虫歯の原因になる事は有りませんし、タンパク質と同じような消化・分解・代謝される事も特徴の1つだと言えます。

 

アスパルテームの陰謀説

日本での使用が厚生労働省等から認可されている人工甘味料や合成着色料については、安全性については、そこまで過剰に心配する必要が無い場合が殆どです。

もし、ある一定量以上の摂取量によって何らかの問題が出てしまう可能性が出てしまう場合は、その食品や加工品に対しての使用料の上限が設定されています。

 

もちろん、使用量を超えてしまっている場合、厳しく処罰されます。

また、アスパルテームのようにある一部の方々に安全性が心配されて来た甘味料の中に「サッカリン」が有ります。

 

この甘味料に関しては、過去に発ガン性が懸念され、使用が制限されて来た過去が有ります。

サッカリンの場合はラットの膀胱に直接入れると言う常軌を逸した実験によって安全性が低いと判断されましたが、現在では使用の禁止が取下げられましたが、当たり前だと思います。

 

もし、色々な自称専門家の諸先生方が仰る通りアスパルテームの安全性が低かったとすれば、チクロのように使用が禁止されている筈です。

それに、「米国食品医薬品局(米FDA)」「ニュージーランド食品安全機関(NZFSA)]と呼ばれる世界的規模の機関でも、アスパルテームの危険性は低く、安全性が高いと言う調査報告が出ています。

 

もしよろしければ、「サッカリンナトリウムは本当に怖い?現実の話」の記事も参考にして下さい。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ