醸造アルコールが添加物として使用されると

<スポンサーリンク>

添加物として使用されている「醸造アルコール」は、「デンプン質物」もしくは「含糖質物」を原料として製造した物です。

「デンプン質物」は、「でんぷん」「穀類」「芋』などのデンプンで、「含糖質物」は、「砂糖」「糖蜜」「はちみつ」等を意味します。

 

「日本酒」が好きな方は、商品の成分表示表に「醸造アルコール」が添加物として使用されていますので、一度は疑問に思った事が有ると思います。

 

添加物としての醸造アルコール

「純米酒」には、「醸造アルコール」が添加物として使用されておらず、「悪者」扱いされてしまいがちですが、「清酒」や「大吟醸」等の「香り」「味のバランス」を調節する事が目的で使用されます。

 

醸造アルコールで悪酔いする理由

しません。

醸造アルコールが添加物として使用されている「純米酒」以外の日本酒を、「自分のアルコール代謝能力」を超えて摂取した事が原因です。

 

決して醸造アルコールが添加物として使用されているから「悪酔い」すると言う事は無く、もしかしたら、比較的安価なお酒を飲まれてしまった可能性が有ります。

また、「睡眠不足」「慢性疲労」「肝機能の低下」等によっても悪酔いする事が有ります。

 

悪酔いした時の価格帯よりも少し上のランクのお酒を飲むのも一つですが、個人的には、醸造アルコールを添加物として使用していない「純米酒」を飲む方が確率は低くなると思います。

ですが、「アルコール」自体が身体に合っていない可能性も有りますので、気になるようでしたら、飲まないのが一番だとは思います。

 

悪酔いの原因

醸造アルコールを摂取する事では無く、「アルコール」の分解が正常的に出来なかった事が原因です。

本来であれば、「アルコール」が体内に入ると、「肝臓」内の「アセトアルデヒド脱水素酵素」で無害化され、老廃物と一緒に体外に排出されます。

 

ですが、「アセトアルデヒド脱水素酵素」の生成が不十分な場合、体内に「アセトアルデヒド」が残ってしまい、「頭痛」「嘔吐感」「体調不良」「倦怠感」等が起きてしまいます。

「アセトアルデヒド」は、「悪酔い」「二日酔い」の直接的な原因と言われている物質で、「車や発電機等の排気」「喫煙時の煙」「有機溶剤を使用した接着剤等」に含まれています。

 

一昔前に話題になった「シックハウス症候群」の原因としても有名な物質で、「発がん性」が危険視されています。

意外かも知れませんが、悪酔いを軽減する方法は、「時間をかけて飲む事」「水を飲む事」等です。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ