腸脛靭帯炎にはグルコサミン?

<スポンサーリンク>

「腸脛靱帯炎」と聞くと、なにやら難しい病気であるように聞こえるかもしれません。

しかし、この腸脛靱帯炎を分かりやすい言葉で表現すれば、「ランナー膝」となります。

 

ランナー膝とは、その言葉が示すとおり、ランナー…つまり、陸上で長距離を走る競技を行う場合に、膝の関節に対して強い衝撃が長時間にわたってかかってしまうことで、発症する病気です。

例えば、マラソンのように長い距離を走るということは、それだけ膝には大きな負担がかかってしまうことになります。

 

これが短時間であれば問題はなくとも、長時間となれば話は別です。

大腿骨という太ももを形成する骨と膝の皿の部分が、長距離走ったり歩いたりすることで、激しい摩擦を引き起こします。

 

この摩擦によって腸脛靱帯炎は引き起こされるのですが、その症状としては痛みが挙げられます。

その名前が示すとおり炎症であるために、膝に痛みを伴うようになるのですが、それは症状の度合いや個人差によって様々です。

 

鈍くずきずきするような痛みのものから、まるで電気が走ったような激しい痛みを伴うものまであります。

また、炎症であるがゆえに腫れを感じる場合もあります。

 

膝の関節が腫れることで、その部位は曲げにくくなり、痛みもさらに激しくなり、歩くことさえままならないという事態にもなりかねません。

この腸脛靱帯炎の症状はとりわけ膝の関節に負担がかかりやすくなるような場面で悪化する傾向があります。

 

例えば、どんな場所を走っていたか…軟らかい土の上であれば、膝への負担は軽減されますが、硬いコンクリートばかりだと、膝への負担はより一層激しくなり、痛みもそれだけ悪化する傾向にあります。

このような腸脛靱帯炎の症状にお悩みの場合、当然、病院を受診するのも1つの方法ですが、例えばグルコサミンを摂取することも治療法の1つとされています。

 

グルコサミンには炎症を抑えたり、軟骨を生成する作用があります。

腸脛靱帯炎によって磨り減ってしまった膝関節の軟骨の再生成する効果をグルコサミンは持っているため、症状の緩和や改善に大きく寄与してくれるといえるでしょう。



もし日頃からマラソンなどで長距離を走る方で、膝に痛みを感じている方は、グルコサミンを利用して少しでも症状を改善するように心がけると良いでしょう。

副作用が心配な場合は「グルコサミンの副作用について【高血圧でも安心?】」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ