本態性振戦を悪化させないために出来る事について

<スポンサーリンク>

本態性振戦は症状が悪化し易い病気です。

もちろん、改善させる事が一番ですが、出来る限り悪化させない事も重要です。

 

社会的な認識がまだまだ低く、「本態性振戦」と言う言葉をご存知で無い方も多く、「本態性振戦」と言われてもいまいちピンとこない、と言う方も多いことでしょう。

 

「本態性振戦」とは、手脚や頭のふるえをはじめとする障害の事です。

若い人にはあまり見られませんが、実はそれほど珍しい病気と言うわけでもありません。

 

特に、65歳以上になると5人に1人の割合で発症し易い傾向が有りますが、特に年齢は関係有りません。

 

本態性振戦について

「本態性振戦」の特徴は、先述した通り「ふるえ」です。

通常この「ふるえ」は時間とともに悪化していきますが、「ふるえ」以外の症状があらわれないと言う特徴も有ります。

 

また悪化をしても、日常生活に支障をきたすような全身の「ふるえ」が起こると言うことは全体で見ると少ないです。

ですが、起こらないとは言えません。

 

「本態性振戦」と言う風に考えると、多くの人は自分には当てはまらないように思う場合が多いです。

ですが、よく考えて頂きたい事が有ります。

 

● 「緊張した時に手が震えて文字が上手に書けない」

● 「大勢の前で挨拶や話をする時に緊張して声が震えてしまう」

● 「コップやグラスを持つ手がふるえて中身がこぼれてしまった」

 

そんな状態に覚えがあると言う人は、実は多いのではないでしょうか。

もしもそのような状態になってしまったことがあると言う方は、「本態性振戦」を疑うことが出来ます。

 

悪化してしまうとなかなか治す事自体が難しくなってしまうのが「本態性振戦」です。

適切な治療方法があるならば、やはり何とかしたいと言うのが本音ではないでしょうか。

 

なお、中にはお酒を飲むことで症状が軽くなると言う方も居ます。

これは、お酒を飲む事で神経や緊張が「鈍化」する事が原因です。

 

ですが、お酒の飲み過ぎは身体によくありませんので、「ふるえ」が気になる方は専門の医師に診てもらう方が良いです。

もし家庭で出来る治療で「本態性振戦」を改善して行きたいと考えているのでしたら、「ノニ」が有効的です。
どのようにして本態性振戦に働きかけるのかについては「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

「ノニ」について

熱帯夜亜熱帯地方で広く自生している「ノニ」から抽出されたエキスは、昔からその地域の人達が民間の万能薬として用いてきたものです。

 

“ハーブの女王”や“神様からのおくりもの”とも呼ばれており、非常に高い効果を期待することが出来ます。

先ほど、アルコールについて触れさせて頂きましたが、ノニにも本態性振戦を抑える効果が期待出来ます。

 

本態性振戦の原因となる「極度の緊張」を抑え、神経を正常化させる事が出来ます。

ノニを原料とするものの中でも、効果や効能を実感し易いのは「ノニタスプラム」と言うノニジュースです。

 


本気で改善していきたいと言う方は、参考にしてみて下さい。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ