本態性振戦は漢方薬が一番?毎日安心して飲める?

<スポンサーリンク>

漢方薬は薬と比較すると効き目がゆるやかなで危険性が少ないと言われていて、身体にとって安全だと言う認識をされている方も多いです。

ですが、「本当に漢方薬は万全なのか?」と言う疑問を持たれている方も居られると思います。

 

また、漢方薬が「本態性振戦」に対して適切なのかが不安だと言う方も居られると思います。

本態性振戦についてですが、手足や頭の「ふるえ」が起こるものであり、「ふるえ」以外の症状はあらわれないと言う、2015年現在でも医学的に解明しきれていない「病気」の一種です。

 

本態性振戦に処方される漢方薬について

基本的に「ふるえ」以外の症状があらわれることはないので放置してしまいがちですが、時間の経過と共に症状が悪化する場合が多いです。

最悪の場合、日常生活に支障を来すと言う場合もありますので注意が必要です。

 

最近ではサプリや漢方薬で「本態性振戦」を緩和させると言う人方も増えてきました。

 

処方される漢方薬について

◯ “抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)”

◯ “苓桂甘棗湯(りょうけいかんそうとう)”

◯ “半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)”

◯ “柴胡剤(さいこざい) ”

◯ “黄連解毒湯(おうれんげどくとう)”

◯ “釣藤散(ちょうとうさん)”

◯ “半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)”

◯ “当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)”

◯ “八味地黄丸(はちみじおうがん)”

◯ “抑肝散(よくかんさん)”

◯ “補中益気湯(ほちゅうえっきとう)”

 

などが有名です。

漢方薬は効き目が穏やかなので、本態性振戦だけでは無く、社会不安障害等の様々な病気に対しても処方されています。

 

本態性振戦に対して、漢方薬よりも注目されている食品について

近年、「本態性振戦」に効き目があるとして注目されているのが“ノニ”と言う植物です。

熱帯や亜熱帯の地域に古くから自生している植物ですが、日本ではあまり知られていません。

 

ですが、その素晴らしい効能から最近注目されるようになりました。

“ノニ”には血液を綺麗にする効果や、不安や興奮等を抑える効果等があり、「本態性振戦」に緩やかながらも確かな効果が期待出来ます。

 

数ある“ノニ”製品の中でも、特に有効的なのは「ノニタスプラム」と言うノニジュースです。

効果については「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

ノニタスプラムと本態性振戦

“ノニ”だけでなく、“紀州南高梅”や“国産冬虫夏草”を原材料としているのが最大の特徴です。

「ノニタスプラム」は、「本態性振戦」以外にも様々な症状に効果があるとして、多くの方から注目されています。

 

純度の低いジュースではなく、100%に近い高純度のエキスである事も大きな魅力です。

また、良薬口に苦しと言いますが、“ノニ”も例外ではなく独特の匂いや味があり、それ故に敬遠されてきました。

 

ですが、「ノニタスプラム」は、梅シロップをはじめとして口当たりの良いエキスをたっぷり含んでいるので、非常に飲みやすい事も特徴です。

甘くて美味しいので、女性やお子さんでも日常的に飲むことが苦痛になりません。

 



「本態性振戦」改善の為だけでは無く、健康の為にも、毎日飲むなら、やはり自分の口に合ったものを選びたいです。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ