本態性振戦の頭の震えとの関連性とその後について

<スポンサーリンク>

本態性振戦振戦を発症してしまった場合、手が震えが止まらなくなる事が一般的ですが、頭の震えも出てしまう場合が有ります。

本態性振戦と頭の震えの関連性について説明します。

 

● 「文字を書こうとすると、手が震えて綺麗に書くことが出来ない。」

● 「挨拶や話のために人の前に立つと、声が震えてしまう。」

● 「頚や頭の震えがある。」

 

これらの症状は、本態性振戦が原因の頚や頭の震えだけでは無く、脳の疾患の可能性も考えられるだけに、気になるところです。

 

本態性振戦で頭の震えや手の震えが起こる原因について

もし、現在進行形で悩まれているのでしたら、今一度よく思い出して頂きたい事が有ります。

手や頭等の「ふるえ」は、一体どのような状況で起こっていますか?

 

何かしらの作業をされる時、緊張している時、もしくはストレスがたまっている時に起こっていないでしょうか。

その場合は、「本態性振戦」の可能性が高いです。

 

本態性振戦について

「本態性振戦」は、基本的に「ふるえ」以外の症状が現れる事はありません。

その為、さほど深刻な症状として捉えられる方が多く、初期症状を軽視したまま、病院に行かないで済ませてしまうと言う方も多いです。

 

ですが、時間の経過と共に症状が重くなる傾向が有る為、時には本格的な治療が必要になる場合もあります。

悪化してしまうと、“アルマール錠”や“抗不安薬”、“アルチノール塩酸塩錠(DSP)”などの薬が手放せなくなってしまう方も多いのが現実です。

 

これ等の薬には少なからず副作用があるので、注意して服用しなければなりません。

手足や頭の震えが気になる方は、病院にいき専門家であるお医者さんに診てもらうのも一つの手です。

 

また、自宅で「本態性振戦」の予防や改善に効果的だと言われている「ノニ」のような食品を、しっかり摂取することで体質を改善していくのも良いです。

 

本態性振戦の頭の震えに効果的だと言われている「ノニ」について

「本態性振戦」に効果的と注目されているのが、「ノニ」と言う植物です。

「ノニ」とはタヒチやハワイ、沖縄など、熱帯や亜熱帯の地域に自生しています。

 

「ノニ」は“神様のおくりもの”や“ハーブの女王”の別名を持ち、古くから健康維持に役立つ民間の薬として重宝されてきました。

「ノニ」を摂取する場合に最も効率的なのは、ノニジュースを摂取する事です。

 

一口にノニジュースと言っても、本当に膨大な数のジュースが存在します。

当然、ノニの純度も有りますが、味も毎日摂取する事を考えると大切な要素です。

 

実は、ノニは飲む事が苦痛になる位独特な味わいです。

ですので、美味しくて飲みやすいノニジュースを選ぶ方が良く、一番美味しく、ノニの効果を実感し易いのが「ノニタスプラム」と言うノニジュースです。

 

本態性振戦への働きかけについては「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

◯ ノニタスプラムの成分について

「ノニタスプラム」の主原料は、主に三つです。

【1】ノニ

【2】紀州南高梅

【3】国産冬虫夏草

 

それぞれが高い効果を持っています。

中でも「本態性振戦」に効果があるのは、やはり「ノニ」です。

 

「ノニ」に含まれる成分は、血液をサラサラとした綺麗な状態にしてくれる効果を持ち、本態性振戦の原因である「過剰な神経の高まり」を抑える働きも期待出来ます。

もちろん、薬では有りませんので、比較的ゆっくりと「本態性振戦」を改善してくれます。

 


悪化してしまうと薬が手放せなくなる生活が余技される難しい病気なだけに、自宅で改善することが出来るのは嬉しいですね。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ