本態性振戦の薬の副作用 『安心して「ふるえ」を和らげるには?』

<スポンサーリンク>

本態性振戦は薬や漢方薬を処方して頂く事が一般的かも知れませんが、脳の働きを鈍化させる副作用の有る物が多いです。

仕事だけでは無く、日常生活を送る上であったとしても、普通に出来ていた事が薬や漢方の副作用で、以前よりも出来なくなってしまったと言う現象も起きてしまいがちです。

 

やはり、毎日飲む事を考えた場合、どうしても副作用が心配ですね。

 

本態性振戦の薬 「副作用の心配は無い?」

本態性振戦の症状である手脚や声の震えに関してですが、緊張やストレス等に影響が出てしまう事が原因で、発症してしまっている可能性が高いです。

ですが、基本的に症状が悪化しないのであれば、それほど深刻な状態になる事は有りません。

 

その代わり、時間の経過を共に「振戦」が悪化する傾向も有ります。

初期症状が出て来た時に適切な対処が出来ているかどうかで、数年〜数十年後の生活が大きく変化します。

 

悪化してしまった場合は、病院に通う必要が有り、副作用等を理解した上で服薬し続けなければなりません。

悪化し、「ふるえ」が日常生活に支障をきたすほどのレベルになってしまっているとしたら、残念ながら、薬を服用する事でしか症状を抑える事は出来ません。

 

「本態性振戦」の治療に使われる薬の中で、最も多いものは“β遮断薬”と呼ばれる薬です。

 

「β(ベータ)遮断薬」について

“β遮断薬”は一般的に、不整脈や高血圧の治療薬として用いられている薬です。

ご存知の方も多いかも知れません。

 

本態性振戦の治療目的でβ遮断薬を服用する上で気になるのは、やはり副作用に関してだと思います。

 

薬の副作用に関して

元々が血圧を下げる薬なため、副作用としては血圧の低下や、心不全の悪化、徐脈などがあらわれる可能性があります。

 

副作用があらわれる恐れがある薬を服用する場合は、担当の医師にしっかり相談をする必要が有ります。

 

本態性振戦の薬の副作用が心配な場合は?

「本態性振戦」を治したいけれど、薬の副作用が不安な方が多いと思います。

 

なんとか、副作用のないものを摂取する事で「ふるえ」を和らげることは出来ないものか。

そんな方に有効的なのが、“ノニ”と言う植物です。

 

「ノニ」について

“ノニ”はタヒチやインドネシアなど、熱帯・亜熱帯の地方に自生している植物です。

過剰に高まってしまった緊張やストレス等を抑える働きが有り、過敏な状態になった神経を整える働きも期待出来ます。

 

その他にも本態性振戦の改善に良いとされている働きが沢山有ります。

現地では、“神様のおくりもの”や“ハーブの女王”とも呼ばれ、万能薬のような位置づけの植物です。

 

この“ノニ”が、「本態性振戦」への効果が注目され、日本でも人気が高くなっています。

植物ですので、薬と違い副作用の心配も無いのが最大の特徴です。

 

「本態性振戦」の改善に役立つ“ノニ”製品の中でも、毎日摂取する事を考えるとジュースになっている物が良いです。

実績が高く、安心して飲む事が出来るのは“ノニタスプラム”と言うノニジュースです。
本態性振戦へどのようにして働きかけるかについては「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

「ノニタスプラム」について

原材料に“ノニ”だけでなく、“紀州南高梅”や“国産冬虫夏草”等、身体に良いものを使用しています。

 

もちろん、本態性振戦の「ふるえ」以外にも効果があり、健康維持に役立ちます。

薄他の成分で薄めたジュースではなく、純粋なエキスなので栄養が豊富なのも魅力の1つです。

 

梅シロップのおかげで飲みやすいのも特徴です。

日本ではまだあまり知られていない“ノニ”なので、その効果に不安を覚える人も多いと思います。

 



そんな時は、公式サイト内に有る実際に“ノニタスプラム”を飲んでみた方の感想等も参考にしてみるのも良いですね。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ