本態性振戦にカフェインは危険?【日常生活の中で気を付けること】

<スポンサーリンク>

本態性振戦で悩む人は、「カフェイン」を摂るべきでは無いと言う意見も有ります。

ですが、色々な食品に含まれている事が多く、知らず知らずのうちに摂り過ぎてしまう場合、どのような影響を及ぼしてしまうかが不安だと思います。

 

では、カフェインによる影響等について説明します。

 

本態性振戦とカフェインの関係について

緊張やストレスを感じると、手や声が震えてしまうと言う経験をしたことがある……

と悩まれている方は、実は多く、年々増加傾向です。

 

このような「ふるえ」を経験したことがある方は、「本態性振戦」の可能性があります。

 

本態性振戦が悪化する理由について

「本態性振戦」の原因は様々です。

先述した緊張やストレスが原因である事が殆どですが、カフェインの摂取が原因で症状が悪化してしまう事が有ります。

 

カフェインで悪化する理由は、摂取する事によって、脳は覚醒し、興奮状態になるからです。

脳が過敏な状態になり、本態性振戦が悪化すると言う事です。

 

また、本態性振戦は手の震えしか起きませんが、その事がストレスになってしまうと、精神的なストレスや不安等が原因で手の震え自体が悪化してしまう事が有ります。

 

実際、本態性振戦自体が「トラウマ」になる方が多く、緊張やストレスは当人の性格によるところも大きいため、改善する事が難しいと言われている理由の一つなのかも知れません。

ですが、カフェインの摂取による悪化に関しては、生活習慣を改める事で大きく改善する事が出来ます。

 

もしも「ふるえ」や「本態性振戦」に対し、深刻化する不安を感じているならば、まずはカフェインの摂取を抑えてみるところから始めてみるのも良いです。

「本態性振戦」は、若い頃は身体の一部がちょっと震えるだけで、それ以外の症状があらわれるわけではないのであまり気に留めないと言う人も多いです。

 

しかし「本態性振戦」は時間の経過と共に悪化していくケースが多いです。

カフェインが原因で「ふるえ」が悪化していると感じたならば、カフェインの摂取を抑えながら様子を見るのが一番です。

 

また、病院に行って相談してみるなどをして、対策をしていく方が長期的に考えると安全ですね。

 

カフェインによる悪化の改善方法

カフェインを控える以外に日常で出来る対策と言えば、サプリメントや健康ドリンクの摂取です。

中でもタヒチやインドネシアで“神様からのおくりもの”や“ハーブの女王”と呼ばれている「ノニ」のエキスを配合しているノニジュースが最近注目されて来ています。

 

ノニには、血流を促進し、神経を正常な状態に整える働きや、本態性振戦の改善に有効だと言われている成分が豊富に含まれている事が特徴です。

ノニエキスやノニジュース等の濃縮した液体を摂取するのが一般的で、「ノニ」を使用した製品は沢山有ります。

 

中でも、ノニの恩恵を最も実感し易いと言われているのが「ノニタスプラム」と言うノニジュースです。

本態性振戦にどのようにして働きかけるのかについては「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

ノニタスプラムの魅力とは?

ノニを使用した商品は沢山有りますが、怪しいネットワークビジネス関連商品が、現在の市場の大多数を占めています。

 

また、濃縮する事によるコスト等が原因で、本当の意味で良いノニジュースが無かったのが実際です。

 



「ノニタスプラム」は、高純度のノニを使用しているだけでは無く、冬虫夏草等の成分も配合しているのが最大の特徴です。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ