振戦と悪寒が出た場合は何を疑うべき?

<スポンサーリンク>

高熱と共に振戦のような震えと悪寒が感じられる場合、放置してしまうと脳に障害が出てしまうので迅速な対応が重要になって来ます。

特に体温が40℃近くか以上になると危険ですね。

悪寒による振戦は「悪寒戦慄(おかんせんりつ)」と呼ばれるのが一般的です。

 

また、「急性腎盂腎炎(きゅうせいじんうじんえん)」「急性扁桃炎(きゅうせいへんとうえん)」「急性胆管炎」「化膿性骨髄炎」の場合も悪寒と高熱による振戦に近い震えが出る場合が有ります。

 

悪寒を感じてしまう理由

微熱気味の時はあまりないのですが、基礎体温よりも2℃近く体温が上昇してしまった場合、2℃室温が下がってしまった事と同じ体感気温です。

当たり前の話になってしまいますが、高熱になればなる程この傾向は顕著に現れてしまいます。

この時に振戦のような震えを感じる時が有ります。

 

ですが、高熱が出ている時に暑さを感じる感覚が鈍くなり、寒さを感じる感覚が鋭くなる理由はそれだけでは有りません。

体内に病原菌やウイルス等が侵入して来ると、白血球は体温を上げながら病原菌やウイルスを攻撃し始めます。

 

脳はこの時、病原菌やウイルスから身体を守る為に熱を体内から出来るだけ逃さないようにします。

また、暑さを感じにくく、寒さを感じやすくなります。

この状態がある程度続いてしまった場合、悪寒を感じやすくなり、熱が上昇しだした時と熱が下がり始めた時に感じやすくなります。

 

企画振戦に関しては「一般的な振戦と企画振戦はどのように異なるのか」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ