一般的な振戦と企画振戦はどのように異なるのか

<スポンサーリンク>

「意図振戦」あるいは「小脳性振戦」とも呼ばれていて、何か意識して行動や動作を行おうとしたり、その行動や動作を終えた時に起きる振戦の事です。

普段なら振戦は起きないのですが、目的があって何かの作業や運動を行う時に震えてしまったり、その作業や運動を終了させる時に震えてしまう病気ですね。

状態によっては、落ちた物を拾う事が困難な場合も有る位です。

 

脳の小脳部分に何らかの異常が有る時に起こりやすく、「脳卒中」や「多発性硬化症」、「ウィルソン病」等のような脳の病気や事故、「沈静薬」「抗けいれん薬」の過剰摂取等による後遺症によって発症してしまう事が多いです。

比較的ゆったりとした震えが出てしまう事が多く、痙攣とは異なります。

 

一般的な振戦とは違い、ストレスやアルコールの禁断症状、カフェイン等によって発症してしまう事は有りません。

ですが、アルコールを摂取した場合は振戦が強く出てしまう事が多いのが特徴です。

 

既にご存知の事かも知れませんが、「多発性硬化症」は脳の中枢神経に異常が見られる病気で、「脱髄性」とも呼ばれていて、情報をスムーズに伝達する筈の髄鞘に外傷や炎症等が起きてしまい、神経系異常と緩和が繰り返し起こってしまう難病です。

神経異常の症状自体も非常に様々です。

 

「ウィルソン病」とは遺伝性代謝疾患の一つで、銅を代謝する事が出来なくなり、脳や肝臓、腎臓や目に障害が出る病気です。

 

企画振戦の薬は有るのか

残念ながら、2014年10月29日現在、企画振戦を改善する薬は存在しません。

病院や医師の考え方によって処方させる薬は微妙に異なりますので触れませんが、装具や自立補助具等を装着するように薦められる事が多いです。



 

クローヌスとの違いに関しては、「振戦とクローヌスの違いとは?」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ