ルーラン服用中に振戦は起きてしまう物なのか

<スポンサーリンク>

ルーランは精神薬商品名で「ペロスピロン」と言う名称でも呼ばれています。

「リスペリドン」と同じように「統合失調症」で悩まれている方に処方される事が多い精神薬です。

 

1日辺りの摂取量は必ず48mg以下にすると言う明確な決まりが有る薬ですので、医師の指示無しで服薬量を増やしてしまったり、逆に断薬してしまうと振戦等の諸症状が現れてしまう危険性が有りますので、絶対にやめて下さい。

 

また、疲労が蓄積してしまったり体質が変化してしまった場合であっても、副作用のような症状が出て来てしまう場合が有ります。

 

ルーランの副作用について

医師が指定している用法や容量を守っているのでしたら特に問題は有りませんが、先ほど説明させて頂いたように、ご自分の判断でルーランの増量や減量をするのは危険です。

 

また、体質に合わなかった場合は、処方されてから飲み始めた頃に軽度の副作用の症状が現れてしまう事が有ります。

もちろん、重度や軽度を問わず、ルーランを服薬して何か異変を感じた場合は、すぐに担当の医師に相談して下さいね。

 

◯ 軽度のルーランの副作用

● 体重の増加

● 振戦のような手の震え

● 目眩や立ち眩み

● 脈拍の異常や眠気

 

● 便秘や体重の増加

● 異常な喉の乾き

● 尿意を感じにくくなる

● 月経の異常

 

◯ 重度のルーランの副作用

● 高熱や異常な汗、原因不明の筋肉痛

● 身体が強張ってしまうや振戦

● 嚥下が困難や口や周辺筋肉の異常

 

● 意識が朦朧とした状態になる

● まぶたの瞬きの異常や顔面の痙攣

● 倦怠感や意識の異常、場合によっては失神

● 食欲が無くなる場合や、嘔吐や嘔吐感

 

● 便秘や腹部膨満感、場合によっては腹痛

● 白血球数の減少や口内炎

● 多量の尿で悩まされる場合や、尿が出なくなる

● 動悸や息切れ、ぼやけやかすみ等の視界不良

 

ルボックスによる振戦が気になる場合は、「ルボックスを服薬して振戦が出てしまう場合は有る?」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ