アロチノロールを本態性振戦の治療で処方されて異変が

<スポンサーリンク>

アロチノロールは交感神経の「アルファ受容体」「ベータ受容体」に働きかける事によって、振戦を抑える働きが期待できます。

本態性振戦の原因は、この「ベータ受容体」に大きく関係していると言われていますので、その効果が期待されています。

 

一昔前は「アルマール」と言う名称で呼ばれていました。

もしかしたら、習慣的に「アルマール」と呼ばれる方も居られるかも知れませんが、同じですので安心して頂けると幸いです。

 

アロチノロールにはどのような副作用が?

交感神経に働きかける薬ですので、平衡感覚に異常が出てしまう事が多いです。

また、軽い風邪に似たような症状や軽い更年期障害に似たような自覚症状が出てしまう時が有りますので、医師に相談する場合は冷静な判断をするようにしたいですね。

 

また、本態性振戦の治療に限らず、アロチノロールを処方された場合に副作用的な自覚症状が起きてしまった場合、ある程度時間が経過すると共に収まって来る場合が多いです。

服用して何らかの異変が起きてしまった場合は凄く不安で辛いと思いますが、冷静に対処し、医師に相談してから減薬や処方された薬の変更等の指示に従うようにして下さい。

 

◯ 倦怠感

何となく身体が重く感じてしまったり、関節が動きにくく感じてしまいます。

また、軽度では有りますが、常に眠気を感じてしまったり、逆に睡眠が浅くなったり、眠れなくなってしまう等の睡眠障害が起きてしまう場合も有ります。

 

◯ めまいや立ち眩み

アロチノロールは交感神経に働きかけますので、めまいや立ち眩み等の平衡感覚の異常は比較的起こりやすいです。

軽くぼーっとしてしまったり、軽いフラつきが出てしまったとしても、ある程度時間が経過すると収まる事が殆どです。

 

もしも、日常生活や仕事や勉強等に支障をきたす位の状態が続くようでしたら、担当の医師に相談するようにして下さいね。

 

◯ 粘膜の異常

アロチノロールに限らず、本態性振戦に処方される薬の多くは、粘膜や皮膚の敏感な場所に影響が出やすいです。

具体的に言うと、目が何となく乾燥したような感じになってしまったり喉が乾燥したような感じがしてしまう事です。

 

◯ 動悸や息切れ

軽い胸のムカつきや胸の不快感や違和感が出てしまう場合が有ります。

また、胸が苦しくなってしまったり、息苦しさを感じてしまう場合が有ります。

 

脈拍に異常が出てしまった場合は、いつもの階段の昇り降りや、少し外出するだけで疲れ易くなってしまう事が有ります。

もし宜しければ、「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事もご覧頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ