手の震えの主な原因と治し方について

<スポンサーリンク>

手の震えの原因は様々です。

① 緊張やストレスによるもの

② 薬の副作用や増薬、減薬、断薬

③ ホルモンバランスの崩れ

④ 動脈硬化等によって脳の神経に損傷が出来てしまった

 

①〜④に共通して言える事は、個人の判斷で決めてしまう事は危険な場合が多いと言う事です。

実際はそこまで深刻にとらえる必要は無かったのに、精神的な理由で重症化してしまう場合や、個人や周りの独断で薬の用法用量を変更してしまったり、処方されてから時間が経過していない場合に手の震えが起きてしまいやすいです。

 

① 緊張やストレスによる手の震えと治し方

「逆説志向」と呼ばれる心理学的な治療法や、手の震えを改善する薬を処方される事が多いです。

また、「ノニ」と呼ばれる植物を使用した健康食品も効果的なので少しずつ注目はされていますね。

 

この場合は緊張やストレスと言った何かしらの形で自覚が有る場合が多いのですが、自覚が無い場合は「振戦」の可能性が有りますので、最寄りの病院に気軽な気持ちで相談して下さい。

過剰になってしまった神経を抑える働きが期待出来る薬を処方する場合と、本態性振戦や脳神経の損傷等の病気についても調べて頂けると思います。

 

② 薬の副作用や増薬・減薬・断薬による手の震えの治し方について

男性や女性ホルモンに働きかける薬、脳の神経に働きかける薬等は、比較的手の震え等の副作用が出やすいです。

特に処方されてからの飲み始めや、自称専門家や独断による薬の調節は危険です。

 

また、漢方やかぜ薬、濃いコーヒーや最近流行りのエネルギードリンクや滋養強壮効果の高いドリンク等も薬が効き過ぎてしまったりする場合が有ります。

意外と多いのが、ケーキの風味付けや料理等にアルコールが残ってしまっていたり、長期的な薬の服用によって慣れてしまった事によるアルコールの摂取です。

 

手の震えの治し方に関しては、体調の変化等で薬が少し強すぎてしまっている場合が有りますので、担当の医師に相談するようにして下さい。

薬の量を減らす場合や偏光する場合、手の震えを防ぐ薬も並行して処方する場合が多いと思います。

 

③ ホルモンバランスによる手の震えと治し方について

経口避妊薬や更年期障害の治療薬等、ホルモンバランスを整える働きが期待出来る薬は、ホルモンバランスが崩れて自律神経にまで影響が出てしまう可能性も有ります。

 

自律神経が乱れた場合、手の震えが出てしまう場合が有ります。

現在何かしらの薬を服薬中の場合は担当の医師に相談し、心当たりが無い場合は一度気軽な気持ちで病院受診してみて下さいね。

 

④ 動脈硬化等によって脳の神経に損傷が出来てしまった事による手の震えと治し方

手の震えはストレスや緊張、ホルモンバランスの変化、薬、以外に中枢神経系もしくは末梢神経に何らかの障害が有る場合に起きてしまいます。

昔事故等で後頭部を強く打ち付けてしまった方や、過去に動脈硬化や脳梗塞、脳溢血、脳血栓が出来てしまった方に後遺症として手の震えが現れてしまう場合が有ります。

 



この場合は放置してしまうと重症化してしまう可能性も有りますので、出来るだけ早く病院受診するようにして下さい。

もし、本態性振戦で悩まれているのでしたら、「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ