手の震えと末梢神経の関連性、本態性振戦の場合も

<スポンサーリンク>

身体の各部分に末梢神経は存在していますが、手の震えで悩まれている場合は、脳の交感神経が過剰に働いてしまう事によって、抹消神経に影響が出てしまった可能性が有ります。

症状としましては、ボタンを押そうとしたり、何かを手に取ろうとしたりする等、集中や意図しながら比較的細かな作業を行おうとした場合に手の震えが起きてしまう事が多いと思います。

 

精神的な緊張やストレス等が自覚出来る場合によって引き起こされてしまった手の震えに関しては、精神的な不安を抑える薬や、逆説思考のように考え方自体を変えてしまう事によって抑える事が多いです。

ですが、そこまでの緊張やストレス等を感じない場合であっても手の震えが出てしまう場合が有ります。

 

その場合は、本態性振戦を発症してしまっている可能性も有りますので、注意して下さいね。

 

中枢神経と末梢神経

中枢神経は脳や脊髄周辺の太い神経で、末梢神経はその太い中枢神経から木の根のように身体中に繋がる比較的細い神経だと想像して頂けると簡単だと思います。

手の震えの原因の多くは、末梢神経の根本部分に位置する中枢神経系に何らかの異常が出ていると考えるのが自然ですね。

 

中枢神経の働き

また、中枢神経は心臓や肺等のように、生命活動を維持する為に必要不可欠な事を無意識的に命令する事や、物を掴んだり、歩いたりする事等のように、何かしらの意思を持って身体を動かす為等に必要です。

身体や臓器を動かしたりするだけでは無く、各種ホルモンの分泌量等も調節する働きも有ります。

 

末梢神経の働き

末梢神経は身体の各場所に存在していて、手で触れたり、物が当たったりと言った外側や内側の痛み等の異変等を中枢神経に伝える働きも有ります。

中枢神経系から与えられた命令通りに動かしたり、逆に何かしらの情報を中枢神経に与える働きが有ります。

 

手の震えと薬の関係

先ほどでも少しだけ触れさせて頂きましたが、中枢神経系に何らかの異常が出てしまった事によって末梢神経に影響が出てしまったと考えられます。

 

もちろん、神経自体に指示を与えているのは脳ですので、脳の動きを鈍くする薬を処方される場合が殆どです。

これが、本態性振戦であっても処方される薬はあまり変わらない場合が多いですね。

 

手の震えに処方される薬の殆どは、用法用量を守れば副作用の危険性は低い方です。

薬では手の震えの症状を抑える事は出来ても原因を解決する事が出来ませんので、薬を飲み続ける必要が有ります。

 


ですが、手の震えの状態によっては、逆説志向であったり、「ノニ」のような食品も効果だと言う結果も有りますので、是非参考にしてみて下さい。

もし宜しければ、「本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ