会食恐怖の治療にソラナックスが処方されるのは何故?

<スポンサーリンク>

ソラナックスは社会不安障害等の精神的な病気に処方される事が多い薬で、漢方のように緩やかな効き目と、身体への負担が少ない事で有名です。

緊張してしまった脳をゆるやかに弛緩(リラックス)させる働き期待出来ます。

 

ソラナックスはどのようにして働きかけるのか

会食恐怖を発症していなくても、脳は高い緊張状態になると緊張した状態の分泌物質を生成します。

そう言った場合には、逆に脳を弛緩した状態(リラックス状態)にしてくれる働きが有る分泌物質を生成させると、脳内の緊張した状態の分泌物質が減少します。

 

ソラナックスには、脳内を弛緩(リラックス)させる働きが有り、会食恐怖で極度に緊張状態になってしまった脳を優しくほぐしてくれます。

 

会食恐怖で処方された場合の注意点

ソラナックスはゆるやかに効き、身体への負担が少ないのですが、ご自身の判断での増薬や減薬、断薬には注意して下さい。

また、比較的優しい薬ですが、他の薬や漢方薬、一部のエナジードリンクや滋養強壮剤と併用する場合は、医師に相談するようにして下さい。

 

エナジードリンクや滋養強壮剤については、医師に相談する程では無い場合が殆どですが、中にはカフェイン等のように覚醒作用が有る成分が多く含まれている場合が有ります。

せっかくソラナックスで脳をリラックスさせているのに、エナジードリンクや滋養強壮剤等で興奮状態にしてしまうのは、危険ですからね。

 

それに、カフェインは大量に摂ると不安を感じやすいと言う研究結果も有りますし、1日に5杯以上も濃いコーヒーを飲む人は「鬱(うつ)」を発症し易いと言う研究結果も有ります。

心当たりが有る場合は、毎日の摂取量を減らしてみるだけで、身体への負担が軽減される可能性も高いです。

 

ソラナックスに副作用は無い?

処方されてすぐの場合は、何となく頭がぼーっとしてしまったり、眠気を感じてしまう場合が有ります。

副作用的な症状が出てしまったとしても、何となく頭の働きや意識が処方前と違うような感じがすると言う位が殆どだと思います。

 

ですが、ソラナックス自体が処方された方の体質に合っていない場合も考えられますので、医師に相談するようにして下さいね。

あと、これは会食恐怖等の社会不安障害や精神的な病に多いのですが、ソラナックスを飲まないと不安になる事や、会議や人前に出る機会に合わせて増薬してしまう事等、「依存傾向」が有る事です。

 

ソラナックスが処方されると言う事は、比較的症状が軽く、自力でも完治出来る範囲である可能性が高いです。

ですので、薬が無いと完治出来ないと言う事は無いので注意して下さいね。

会食恐怖にドグマチールが処方されるのは軽度?

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ