会食恐怖にドグマチールが処方されるのは軽度?

<スポンサーリンク>

ドグマチールは精神的な病の改善に用いる場合、「うつ」や「統合失調症」に処方される事が多いと思います。

会食恐怖等の社会不安障害に処方される場合以外にも、胃・十二指腸潰瘍等の胃の病気の改善にも処方されます。

 

実は、精神的な病の改善への効果等は発売後に広まった事実であって、ドグマチール販売当初は胃薬として販売されて来た経緯が有ります。

会食恐怖の治療に処方される理由としては、ドグマチールは「ドーパミン」の分泌を抑える働きが有り、興奮状態にある脳を抑える働きが期待出来ます。

 

実は、ドグマチールを処方されるのは稀?

会食恐怖の治療に処方される薬は、担当の医師や考え方、症状の重さ等によって大きく変わって来ます。

その中でもドグマチールが処方される場合は稀だと思います。

 

理由としては、比較的副作用が低いからだと思われます。

または、会食恐怖と並行してストレス等によって胃に何らかのトラブルが有る場合に処方される場合が考えられます。

 

ドグマチールは危険?

社会不安障害や精神の病気の治療目的で処方される薬の内、ほぼ全般に言える事ですが、過敏な状態になってしまった脳の働きを抑えます。

ですので、眠気や倦怠感等が出てしまう場合が有ります。

 

車の運転をされる場合や細かい作業、作業のミスいよって事故等が起きてしまう危険性が有る場合は、診断時に必ず医師に相談するようにして下さい。

単純に身体に合っていない場合は、ドグマチールとは違う薬を処方されると思います。

 

また、副作用の状態等によっては、その症状を抑える効果の期待出来る薬を並行して処方して頂けると思います。

 

ドグマチールの副作用

◯ 眠気や脱力感

◯ 精神的に不安定になってしまう

◯ 集中力の低下や倦怠感

◯ 嘔吐感や食欲不振

◯ 不安を感じたりイライラが起きる

◯ 月経の異常や胸の張り

◯ 皮膚の発疹やかゆみ

 

これらは比較的軽い副作用の症状ですので、医師に相談しても時間の経過による変化等を見守るだけで薬の変更等が無い場合も有りますが、ご自身の判断で薬の調節はくれぐれもしないようにして下さいね。

 

深刻な副作用

◯ 振戦や身体が強張ってしまう状態になる

◯ 口周辺の筋力が落ち、よだれが垂れて来る時が有る

◯ 授乳中でも無いのに、乳腺に異常が出てしまう

◯ 黄疸のような物が出てしまう

◯ 頭痛や発熱等、風邪に似たような症状が出てしまう

◯ 血圧の異常

◯ 脈拍の異常

 

半夏厚朴湯は会食恐怖に対して実際どうなのか

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ