会食恐怖で下痢や腹痛が起きてしまうのは何故?

<スポンサーリンク>

会食恐怖は脳のインスリンやアドレナリン等が過剰に生成されてしまう事によって起きてしまうと言われています。

一般的には下痢と言うと、食事や飲料、ウイルスや外気温等によってのみ起きてしまうと思われてしまいがちですが、精神的な要因も大きいく、ストレスの多い現代社会では毎年、増加傾向にあります。

 

精神的な要因で下痢が起きてしまう理由

先ほどでも少しだけ触れさせて頂きましたが、会食恐怖等の社会不安障害は、神経が過敏な状態です。

場合によっては自律神経にまで影響を及ぼし、神経の変化に対して敏感な胃や腸にまで影響してしまいます。

 

この時に、腸は過剰に収縮を繰り返してしまい易く、下痢や腹痛等が起きてしまう可能性が高いです。

これが一過性の物であったり少ない頻度ならそこまで心配無いのですが、日常生活に支障をきたす位でしたら「過敏性腸症候群下痢型」「過敏性腸症候群ガス型」「過敏性腸症候群混合型」を発症させてしまう効能性も有ります。

 

最近は様々なビジネスが盛ん(!)なので、会食恐怖でも過敏性腸症候群でも何でもかんでも薬漬け(!!)にしてしまいがちですが、これは大なり小なり誰でも経験する事です。

 

例えば、何の前触れも無く急に全社員の前で話して下さいと言われるとします。

慣れていない人は緊張して、汗が出たり、顔が火照ったり、震えたりします。

 

この経験が辛いのかトラウマになるのか はその人の受け止め次第であって、十人十色です。

会食恐怖やストレス、または緊張によって下痢を起こしてしまうと言う可能性は誰でも有ります。

 

ようは、この経験をどう捉えるのかが重要です。

会食恐怖になり易い人は

◯ 「真面目すぎる」

◯ 「優しすぎる」

◯ 「自分に対してどうしても自信が持てない」

◯ 「自己に対してのハードルが高過ぎる」

人が多いです。

 

何でもかんでも「気にしすぎる」事は良くなく

◯ 「自分を責めない」

◯ 「少しだけ悪人になる」

◯ 「そんな頑張ってる自分が好きだ」

◯ 「他人と比較する人生なんてやめた」

 

位が良く、どうしても薬を飲まなければならない状況なら、漢方位から始めるのが一番で、焦らずに自分の歩幅で完治させて行くのが近道ですよ。

年齢や症状によって異なって来てしまいますが、今までの人生の内、かなり長い間を会食恐怖と向き合って来た訳ですから、完治するまでにそれなりに時間が必要になって来る場合も有ります。

 

ですが、完治させている人は、あなたの想像している以上に多いと言う事だけは忘れないで下さいね。

会食恐怖は漢方で完治出来る?薬とどっちが良いのか

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ