会食恐怖でパキシルを飲むと言う事はどういう事なのか

<スポンサーリンク>

会食恐怖で病院受診した場合、パキシルを処方される事が有ると思います。

社会性不安障害が社会的にも認知されて来ましたし、同じような症状と戦っている方も多いですし、比較的有名な薬ですね。

 

ですが、「パキシル」はその利用者も多いので、どうしても間違った情報が氾濫してしまいがちです。

当記事では、会食恐怖に対して、パキシルがどのように働きかけ、どのような危険性が有るのかについて触れさせて頂きます。

 

パキシルについて

会食恐怖は極度の不安や緊張等が原因で、脳の神経系に影響が出てしまう事です。

手の震えや嘔吐、嚥下困難等、症状や原因も人それぞれと言えます。

 

ただ、共通して言える事は、「脳内の神経」が過敏になってしまっていると言う事です。

パキシルは簡単に言うと、過敏になって「ネガティブ」にしまった思考をセロトニンの分泌を活性化させる事によって「ポジティブ」な上昇思考に向かわせる働きが有ります。

 

精神が病的に落ち込んでしまった場合に処方される事が多い薬です。

 

会食恐怖の克服の為に飲み続けても大丈夫?

社会不安障害に処方される薬は沢山有りますが、パキシルは安全性が上位に位置する薬です。

副作用についても、服用されてからあまり時間の経過していない場合に軽めの症状が出てしまう場合が有りますが、医師が処方量を調節する位が殆どだと思います。

 

またパキシルはセロトニンの分泌量を変えるのが目的ですが、逆に会食恐怖の症状が強くなってしまう場合も有ります。

その場合は、医師の判斷に応じて経過による症状の変化を見る場合と、処方量の調節する場合が殆どだと思います。

 

副作用に関して

セロトニンの分泌量を変える働きが有りますので、精神的に不安的になったり、眠気を感じてしまう場合が有ります。

具体的に言うと、イライラや不安感が出てしまったり、倦怠感を感じてしまう場合が有ります。

 

また、自律神経に影響が出てしまった場合は、嘔吐感や食欲の減退が起きてしまう場合や、頭痛や火照り、発汗異常等が出てしまう場合が有ります。

 

パキシルで会食恐怖は改善出来るのか

会食恐怖は精神的な物が大きく、「逆説志向」を試みる等のように、自分自身を変える他、本当の意味で改善出来る方法は有りません。

 

ですが、これだけは信じて頂きたいのは、会食恐怖で悩んでいる人は多く、完治出来た方も多いのは事実です。

薬は依存性が高く、飲み忘れやちょっとした心境の変化等で症状が大きく変化してしまう可能性が高いです。

 

医師に相談も無い状態での断薬や減薬は危険ですが、その原因を考えれば治す事は可能です。

半夏厚朴湯は会食恐怖に対して実際どうなのか

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

One Response to “会食恐怖でパキシルを飲むと言う事はどういう事なのか”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ