不整脈の治し方の「基本」と、「今、注目されている食材」

<スポンサーリンク>

私達は赤ちゃんとしてこの世に生を受けてから、死ぬまでずっと脈を打ち続けています。

そして、この脈がどのように打たれているかで、体の調子を把握する事が可能です。

 

いわゆる、「不整脈」とは、何らかの原因で脈の打ち方がおかしくなっている状態を言い、場合によってはとても良くない病気の前兆だったりすることもあります。

 

不整脈について

誰でも全力疾走したり、急な階段を登ったりすると、胸がドキドキして、脈をとってみると早くなっていますが、これはある範囲では正常なことです。

 

問題は、特に自覚症状がないのに、病院で心電図などをとってもらうと、「不整脈が出ていますね」などと言われた場合でしょう。

 

もちろん、一時的なものであったり、たいしたことではない場合もありますが、一度専門家に診てもらった方がよいかもしれませんね。

そこで大きな問題ではないと判明した場合、あなた自身でできる不整脈の治し方があります。

まずは、毎日の生活習慣や食生活を見直すことから始めましょう。

 

一般的な不整脈の治し方と注目の方法について

不整脈は日々の生活の影響をすぐに受けますので、以下にあげるような不摂生な生活を送っている人は、すぐに改めた方が良いですね。

1.「睡眠不足」

2.「疲労」

3.「脂肪分やコレステロールの多い食事」

4.「過度の飲酒」

5.「喫煙」

6.「ストレス」

 

どれも自分が気をつけていればできることですが、ここでは食べることでできる不整脈の治し方をご紹介します。

上記3にある、コレステロールをコントロールしてくれる効果があるのが黒にんにくです。

 

黒にんにくは不整脈との相性が良い?

もともと、生のにんにくには悪玉コレステロールを減らす、善玉コレステロールを増やしてくれる効果があります。

しかし、だからといって、生のにんにくばかりをそうたくさんの量食べることは難しいですね。

 

そこで、生のにんにくをじっくりと長い時間かけて、発酵と熟成をさせた黒にんにくがオススメです。

黒にんにくはにんいくの成分が凝縮しているので、更に効果的に善玉コレステロールを増やす働きをしてくれます。

 

また、ゆっくりと発酵と熟成を重ねたことで、にんにく独特のあのニオイもほとんどしません。

最近ではもっと飲みやすいようにとサプリメントにして売りだされていますので、さらに手軽に飲めるようになりました。

 

黒にんにくと不整脈の治し方は今まではつながらなかったかもしれませんが、コレステロールの管理を通して、このように結びついているのです。

デメリットに関しては「黒にんにくのデメリットについて」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬【厳寒行者にんにく】

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ