本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?徹底検証

<スポンサーリンク>

本態性振戦と言う病気は、他人や会社からの理解がなかなか難しく、その劣等感や焦り。憤りと言った精神的な物が原因で重症化しやすい病気でもあります。

本態性振戦の症状が進んでしまうと、電話を持つ事や筆記具を持つ事さえ難しいです。

 

病院で処方される薬の主流は、「アルマール錠」もしくは「アルチノール塩酸塩錠(DSP)」と呼ばれる「抗不安薬」です。

これらの薬を手放せない生活になってしまいますし、薬では症状を抑える事は出来たとしても、治る事はあり得ません。

 

本態性振戦に処方される薬の副作用

本態性振戦に処方される薬は、比較的沢山の種類が存在します。

しかし、これらの薬を服用した場合、下記のような症状が出てしまう事が多いです。

 

● 頭痛 ● めまい

● 不眠症 ● 眠気による倦怠感

● 胃腸への障害 ● 食欲不振

● うつ病 ● 口内炎

● 頻尿 ● 手足のしびれ

● 気管支けいれん ● 脱毛症

● 焦点が合わない ● 血糖値の下降

● コレストロール値の上昇

 

これらの症状は、日常生活に支障を及ぼす場合が有ります。

また、これに頼る生活への不安もあります。

 

本態性振戦はノニタスプラムで改善するのか?

本態性振戦の原因は、脳内の特定の場所(小脳、視床、脳幹)への伝達異常が起こる事によって引き起こされる病気です。

また、遺伝によって本態性振戦が引き起こされる場合もあります。

 

筋肉の収縮異常、加齢、生活習慣等も複雑に絡み合う病気です。

また、65歳以上の5人に1人は発症している病気です。

 

では、ノニタスプラムに含まれている主成分を見ていきたいと思います。

ノニタスプラムの主成分

● ノニ

● 紀州南高梅

● 国産冬虫夏草

 

本当にノニタスプラムで改善するのか?ノニの効果

ノニは熱帯地方を中心に栽培される植物で、ハワイ、沖縄、インドネシア等に分布しています。

 

奇跡の果実と呼ばれる位栄養素が豊富で、ビタミン、酵素、ミネラル、アミノ酸等が140種類以上含まれいます。

あの、有名なローヤルゼリーの3倍以上の栄養素を含んでいる事になります。

 

サプリメントや健康食品を沢山摂るのも面倒だし、管理するのも大変なので、1つだけに絞って摂るとしたら、ノニが含まれている商品が良いと思います。

ノニには、「スコポレチン」と呼ばれる成分が含まれていて、血液サラサラ効果が高く、動脈硬化や脳梗塞等にも効果が有り、血液中に新鮮な酸素を運べるようにしてくれます。

 

そしてノニタスプラムに含まれうる「ゼロイン」と呼ばれる成分には、免疫力を何倍にも向上させる効果と、がん細胞を抑制する効果があります。

更に、新陳代謝を高めたり、自然治癒力の向上、生活習慣病の予防、ダイエット効果、美容成分や便秘解消効果も高いのが特長です。

 

ノニタスプラムに含まれているノニが血液を綺麗な状態にし、豊富な栄養素で身体を健康な状態にする事で、時間をかけて本態性振戦の改善を促進してくれます。

 

ノニタスプラムに含まれている紀州南高梅の効果

ノニタスプラムに含まれる南高梅には、クエン酸が豊富に含まれていて、疲労回復効果と、新陳代謝を向上させる効果等が有ります。

 

更に、ビタミンEやカリウムも豊富で、血液をサラサラにしたり、様々な老化の原因となる活性酸素を抑制する働きも有ります。

そして、下痢を改善したり、新陳代謝を促進する効果も有ります。

 

ノニタスプラムに含まれる紀州南高梅には、血液をサラサラにする効果が有り、老化の原因で有る活性酸素を抑制する働きも有ります。

本態性振戦の改善を促進する効果がありますし、生活習慣病も予防する効果が有るのが嬉しいですね。
ノニの副作用については「ノニジュースの副作用について「ノニに危険性はあるの?」」を参考にして頂けると幸いです。

 

ノニタスプラムに含まれている冬虫夏草の効果

ノニタスプラムに含まれている冬虫夏草には、本態性振戦の原因の1つである、筋肉の収縮異常を正常化する働きがあります。

 

元々漢方として利用され、不老長寿として大切に扱われて来ました。

● スタミナ向上効果や疲労回復

● 生活習慣病の改善

● 運動能力の向上

● 糖尿病の改善

● 抗ガン作用もあります。

更に、

● 耳鳴りや喘息

● 精力増進

● アトピー性皮膚炎にも効果が有ります。

 



ノニタスプラムに含まれる冬虫夏草には、本態性振戦の原因とされている筋肉の収縮異常を正常化する働きが有り、生活習慣病の改善や、運動能力の向上にも効果が有ります。

 

>>ノニタスプラムの詳細はこちら

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ