ドネペジルの副作用として多いのは?注意するべき事が多いです

<スポンサーリンク>

ドネペジルは「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」で悩む方に処方される薬です。

症状自体を少しだけ緩和させる事が目的の薬です。

 

現在、日本では「認知症」と言う言葉は、ある程度浸透して来ていますが、大きく分けて「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」「脳血管性認知症」の三種類が日本人発症率としては多いです。

 

また、ご本人様が過去や現在に、「心臓病」「胃潰瘍」を発症してしまった事が有る場合は、担当の医師やケアマネージャー、老人ホーム等の担当の方に必ず申し送りするようにお願い致します。

ドネペジルは、比較的副作用は軽度の場合が多いのですが、「心臓病」「胃潰瘍」の方は注意が必要です。

 

副作用が出やすい症状

厳密に言うと副作用では有りませんが、ドネペジルは先ほどの「心臓病」「胃潰瘍」の他に「パーキンソン病」の既往歴が有る方は特に注意が必要です。

副作用として多い症例は、後述させて頂きますが、「消化器系」に関係する場合が多いです。

 

消化器系の異常が有る場合や、過去や現在に胃酸が原因で起こる「消化性潰瘍」が出来てしまった事が有る方も注意が必要です。

この薬自体、「アルツハイマー型認知症」「レビー小体型認知症」等の認知症に処方される薬ですので、周りの方がその方の既往歴等をしっかりと把握しておく事が大切です。

 

また、アレルギー体質の場合も注意が必要です。

 

ドネペジルの副作用について

嘔吐感や嘔吐、胸のムカツキや食欲が無くなる場合や、お腹が緩くなってしまったり、逆に便秘になってしまう場合も有ります。

それと同時に、痛みを感じる場合も有ります。

 

次に多いのは、精神的に高揚してしまったり、脈拍に異常が出てしまう場合や、倦怠感や更年期障害に似たような症状が現れる事も有ります。

皮膚に痒みが出てしまったり、湿疹のような物が出てしまう場合も有ります。

 

上記のような症状以外にも副作用は有りますが、ドネペジルを処方して頂いてから数週間以内に症状が出てしまう場合が多いです。

認知症で悩まれている方は、非常にデリケートでご自分では「大丈夫」だと切り捨ててしまいがちですので、より一層の周囲の「理解」が必要いなります。

 

また、ドネペジルの副作用と誤解されてしまいがちなのは、他の薬との飲み合わせです。

薬局や大型スーパー等で簡単に購入出来るような薬との組み合わせによっても、身体に異変が出てしまう場合が有ります。

 

何かしらの「異変」や「初期症状」に敏感になる事が大切です。

もし、宜しければ、「ボグリボースの副作用について、食前に服用する意味」の記事もご覧ください。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ