サッカリンナトリウムの使用規準と誤解

<スポンサーリンク>

サッカリンナトリウムの使用基準に関してですが、まず、少しでも多くの方に理解して頂きたいのは、「使用規準の意味」です。

同じ甘味料として有名な「ステビア」とは違い、「サッカリンナトリウム」は、偶然生み出された合成甘味料ですので、「科学的に作られた=悪・有害」と言う間違った認識が一部の方の間で広がってしまったのだと思います。

 

当記事では、サッカリンナトリウムの使用規準について説明させて頂きたいと思います。

 

サッカリンナトリウムの使用規準

「ジュースの使用規準」

(1キロに対して1,5グラム)

「アイス・ジャムの使用規準」

(1キロに対して0,2グラム)

 

「漬物類の使用規準」

(1キロに対して2グラム)

「お菓子の使用規準」

(1キロに対して0,1グラム)

 

ちなみに、「アメリカ」「中国」等の一部の国では、サッカリンナトリウムの使用規準は日本とは異なりますので、現在でも大量に使用されています。

 

サッカリンナトリウムの健康被害について

カナダで1980年頃に行われたラットを使用した動物実験において、餌全体量の5パーセントと言う驚異的な量のサッカリンナトリウムを与えた場合、ラット5〜6匹に1匹近い割合で「膀胱がん」が発症したと言う研究結果が報告されています。

ラットにおける健康被害が報告され、サッカリンナトリウムの食品添加物としての使用は、「禁止」された時期が有りましたが、ラットを含め、様々な動物に対しての実験を重ねた結果、「膀胱がん」発症等の発がん性は低いとされ、現在のように、使用は許可されています。

 

ここで知っておいて頂きたい事は、①「サッカリンナトリウムは、尿と一緒に老廃物として体外に排出される事」

②「餌全体量の5パーセントとウ驚異的な量を与えた事」です。

 

サッカリンナトリウムは、ダイエット系・カロリーオフ系の「清涼飲料水」への使用が圧倒的に多く、「こうじ漬」「酢漬け」「たくあん」等のいわゆる「漬物」に使用される事も多いです。

これらの食品を毎日のように摂取している方も居られると思いますが、体内に蓄積される程摂取し続ける方は、逆に困難だと思います。

 

ですが、ジュース等を毎日のように摂取する事自体、お世辞にも健康的だとは言えないと思いますので、使用規準抜きにして、生活週間を少しでも改善して頂けると嬉しいです。

 

「使用規準」について

サッカリンナトリウムを含め、どの食品添加物にも共通して言える事ですが、食品添加物は比較的「安価」で製造出来る為、食品製造のコスト的に見ると非常に魅力的です。

先ほども少し触れさせて頂きましたが、サッカリンナトリウムは科学的に合成された甘味料ですし、「痩せる・ダイエット」をイメージさせるような商品を製造しているメーカーからは「無くてはならない存在」とも言えます。

 

もし宜しければ、「サッカリンナトリウムは本当に怖い?現実の話」の記事も参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ