ランナー膝はグルコサミンで改善?本当の所

<スポンサーリンク>

どのような運動を行うにしても当てはまることではありますが、事前にしっかり準備運動を行い、運動後もしっかり体のケアを行うことが大切です。

少しでも「おかしいなあ」と感じる箇所があれば、無理をせずに、その箇所の改善を目指すことも、健康的に運動を日常的に継続していく上でも非常に重要なことであるといえます。

 

というのも、そもそも運動は体のバランスをしっかり整えた上で行わなければ、どこかに無理が生じしてしまい、そこに痛みを発生させてしまうことも少なくはありません。

筋肉のバランスが崩れてしまうことで、体の特定の部位への負担が大きくなり、運動とはまったく関係のないところに痛みが出てきた…そんな可能性も十分にあるのです。

 

「ランナー膝」について

例えば、「ランナー膝」と呼ばれる症状をご存知でしょうか。

 

その名前から類推することが出来るかもしれませんが、ランナーに良く見られる膝の症状です。

ここで言うランナーとは短距離走というよりはむしろ長距離走を指しています。

 

よくマラソンに挑戦していると、最初のうちは快調に走っていても、途中から膝に痛みを感じるようになり、テーピングでがちがちに固定し、痛みに耐えながら走っている…そんなシーンをテレビなどで見る機会もあるかもしれません。

 

「ランナー膝」は何故起きてしまう?

このように「ランナー膝」は長距離走を行っている形に良く見られる症状であり、長時間にわたって走り続けるということは、体重がかかる膝には大きな負担となるのです。

 

それではランナー膝を予防、改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。

その方法の1つにグルコサミンがあります。

 

何故、グルコサミンが「ランナー膝」に働きかける?

グルコサミンは膝関節の痛みに対して効果があるとされていますが、具体的には関節にある軟骨を再生してくれることで、骨と骨が直接あたることで発生する痛みを軽減し、最終的には改善してくれる働きがあります。

 

関節を常に動かしていることで発症するランナー膝に関しても、グルコサミンは効果を発揮してくれるといえるのです。

 

その他にも、痛みを感じたら、出来る限り安静にしておくことが重要です。

ランナー膝では膝の裏に腫れを感じたりしますが、ちょっと痛みがなくなったからと無理に運動していたら、痛みが慢性化しかねません。



ランナー膝になったら、グルコサミンをしっかり摂取し、無理な運動を避ける…これが重要となるのです。

副作用等については、「グルコサミンの副作用について【高血圧でも安心?】」を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ