グルコサミンは飲むタイミングで大きく変わる?

<スポンサーリンク>

風邪などで病院を受診したときには薬を処方されるかと思います。

その薬はけして1種類ではなく、炎症を抑える薬や胃薬、さらには抗生物質などがあるかと思いますが、医師や薬剤師などから、「1日3日食後に服用すること」などといったように、飲むタイミングを指定されます。

 

処方された薬はその通りに服用していくことが重要となります。

では、関節の痛みなどに効果があるということで、今、注目を集めているグルコサミンを飲むタイミングは、果たしていつ頃が適切なのでしょうか?

 

グルコサミンを飲むタイミングはいつ?

グルコサミンは医師や薬剤師から直接処方されるわけではなく、あくまでもサプリメントであるために、1日のうちにいつ飲むかというのは、特段決まりがあるわけではありません。

 

ただ、1日にどのくらい飲めばいいのかという規定量をしっかり守ることは重要です。

多く飲めば、それだけ早く効果が出るというイメージを持たれる方は確かに多いのですが、グルコサミンに関して言えば、多く服用したからといって、すぐに効果が出るわけではないのです。

 

定められた量を、根気強く服用し続けることで、徐々に効果が現れてくるものなのです。

しかし、「飲むタイミングによっては、より大きな効果が期待できるときがあるのでは?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

ところが、グルコサミンに関して言えば、飲むタイミングは特に指定はありません。

つまり、いつ飲んでも問題はなく、効果を期待できるのです。

 

風邪を引いたときなどに医師から処方される薬に比べると、サプリメントであるグルコサミンは、飲むタイミングに関してあまりナーバスになる必要はありません。

ただ、1つだけ気をつけておかなければならないことがあります。

 

グルコサミンの注意点について

いつ飲んでも良いからといって、1日分を1回でまとめて服用するよりは、3回程度に分けて服用する方が、1日の効果を分散することが出来るために効果はアップすると考えられています。

 

また、例えば食事が終わったらグルコサミンを飲むといったように、そのことを習慣化することによって、自然な形で、長期にわたって服用することが出来るようになるのです。



つまり飲むタイミングよりも、むしろ長期にわたって根気強く服用し続けることこそが、グルコサミンを利用する際には重要であるといえるでしょう。

安全性等に関しては「グルコサミンの副作用について【高血圧でも安心?】」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ