グルコサミンは動脈硬化の改善や予防にも効果的?

<スポンサーリンク>

今、話題のサプリメントといえばグルコサミンを挙げる方はけして少なくはないでしょう。

テレビコマーシャルでも頻繁に見かけることが多くなったグルコサミンですが、「名前は良く聞くけど、何に効果があるのか分からない」という方や、「歩くときの痛みを緩和してくれる薬ではないか」という大まかな認識のみの方もいらっしゃるでしょう。

 

グルコサミンの働きについて

グルコサミンは体内にプロテオグリカンを生成する働きがありますが、このプロテオグリカンは軟骨の生成を手助けするとともに、柔軟性を与えるという効果があります。

 

そもそもグルコサミンは、加齢とともに感じるようになる膝やひじなどの関節の痛みを改善する効果があるとされていますが、それは、年齢を重ねるにつれて磨り減っていく関節にある軟骨を再生してくれる働きがあるのです。

 

グルコサミンと年齢の関係

若いうちは体内でもどんどんグルコサミンが生成されるのですが、年を重ねると、その生成量はどんどん減少し、磨り減った軟骨を元の状態に戻すことが出来にくくなってしまうのです。

そこでサプリメントで補ってやることで、懸案だった膝関節の痛みに対しても、軟骨の再生という形で解決してくれるのです。

 

動脈硬化への働きは期待出来る

しかし、グルコサミンは何も膝関節だけに効果があるというわけではありません。

実は、近年は心筋梗塞や脳梗塞などの病気で命を落としてしまうケースも増えていますが、その原因として考えられているのがどろどろの血液なのです。

 

血液がドロドロになってしまうと、血管の中を血液がスムーズに流れることが出来なくなってしまい、ところどころで詰まりを引き起こしてしまうことがあります。

 

これが悪化することによって脳梗塞や心筋梗塞をなどの動脈硬化を引き起こしてしまうのです。

動脈硬化を予防するためには、どろどろの血液をさらさらにして、血液の流れをよりスムーズにすることが求められます。

 

グルコサミンはどのようにして動脈硬化へと働きかける?

実は、このように血液をさらさらにして流れをスムーズにする働きがある成分としてグルコサミンが注目されているのです。

 

グルコサミンにはそもそも血液がドロドロになる原因となっている血小板が固まりやすくなる作用を抑える働きがあります。

これによって、血液の流れが滞ってしまうという現象を軽減してくれるのです。


このように、グルコサミンの効果は軟骨の再生だけでなく、血液の流れをスムーズにしてくれることで動脈硬化の予防にもつながるなど、体に様々な恩恵をもたらしてくれるのです。

副作用について不安な方は「グルコサミンの副作用について【高血圧でも安心?】」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

小林製薬のグルコサミン&コラーゲンセット

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ