イチョウ葉エキスの摂取量について気になった時のノート

<スポンサーリンク>

イチョウ葉エキスは、はるか昔から医薬品として利用されて来た経緯が有ります。

日本では健康食品として販売されています。

(ドイツを中心としたヨーロッパ各国のように医薬品では有りません)

 

摂取量については、1日120から240mgを目安にイチョウ葉エキスを摂取するのが良く、血管の拡張や生活習慣病の改善や予防が目的ならば望ましいと言われています。

痴呆症等の改善や予防を目的としてイチョウ葉エキスを摂られるのであれば、500~600mgまでを摂取量の目安にしてみると良いと思いと言われています。

 

ですが、必ず医師との相談の上で摂取量の調整は行って頂くのがベストです。

摂取量についての心配は特に有りませんが、元々何らかのアレルギーをお持ちの方は注意が必要です。

 

本当の意味で高純度の「イチョウ葉エキス」でないと、「ギンコール酸」の影響でアレルギー反応が起きてしまう可能性も有ります。

冒頭で少しだけ触れさせて頂きましたが、日本では健康食品としての分類で販売されている為、とりあえずイチョウ葉を使用した健康食品が数多く販売されていると聞きます。

 

比較的お求めやすい価格の「イチョウ葉エキス」には注意が必要です。

摂取量よりも気にしたい所でも有ります。

 

イチョウの葉からイチョウ葉エキスのみを抽出するのは難しく、高度な設備が必要です。

 

効果に関しては「GBE-24の効果について 具体的にどのような変化が期待出来るのか?」の記事を参考にして頂けると幸いです。

 

<スポンサーリンク> <スポンサーリンク>

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ